インプラントをした後の歯のお手入れにはいろいろと注意すべきポイントがあります。

インプラント治療中のデンタルケアについて

治療後の注意点

現在より自分の歯のような感じに治療を仕上げることができると言うことで、インプラント治療が話題になっています。
しかし治療をした後に適切に対処をしないと、いろいろとトラブルを起こしてしまう可能性があります。
通常治療をする前にカウンセリングが実施され、そこで治療をした後の注意点について、医者から説明があると思います。
この注意事項はきちんと守るようにしましょう。
基本的に、治療をし高署に余計な負担をかけないような日常生活を心がけるようにすることが重要です。
まずは、治療をした個所を指や舌、あるいは歯ブラシなどを使って刺激を与えないようにすることです。
結構無意識のうちに舌などを使って個所を触ってしまうことがありますので注意が必要です。
またインプラントの治療をした当日は、歯磨きをしないことも求められます。
またインプラント手術では麻酔を行います。
この麻酔の効果があるうちに食事をすることも控えましょう。
もし麻酔のきいている状態で食事をしてしまうと誤って頬を噛んでしまうこともあります。
麻酔の効果は早く切れるので、少し我慢をしましょう。
食べ物ですが、手術の2日後くらいまでは、柔らかい食材のものを食べることです。
雑炊やうどん、そばと言ったものを食べると、歯にかかる負担を軽減することができるようになります。
また手術をして3日くらいまでは、無理に身体を動かさないようにしましょう。
心臓がドキドキするような行為はすべきではありません。
運動はもちろんのこと、お酒についても注意を払うようにしましょう。
お酒を飲むと心拍数が上がるからです。
また手術をした当日や翌日、歯磨きをすることはあまりお勧めできません。
もし口の中の汚れを取り除きたいと考えているのであれば、うがいをしましょう。
しかしうがいの仕方には注意が必要で、あまり強めの力でうがいをすることは好ましくありません。
手術の翌日くらいまでは、血液混じりのつばが出てくることがありますが、必要以上に心配をする必要はありません。
ただし、1日以上経過しても、唾に血液が混じる場合には医者に相談をしておきましょう。
歯のお手入れの仕方ですが、基本的に刺激を極力与えないようにすることがベースにあります。
お手入れの仕方について、おそらく歯医者の方から指導があるかと思われます。
その指示に従って、歯のお手入れをすることを心がけましょう。
油断をしていると自分の流儀でついついやってしまうことがありますので注意です。

Copyright 2016 インプラント治療中のデンタルケアについて All Rights Reserved.